macからGitHubにcommit,pushの流れ

●●●
そーまっち

ターミナルを使って、GitHubにcommit,pushする時のコマンド忘れがちだから、メモしときます。

GitHubでリポジトリを作成

事前準備

Githubはこちら

アカウントを作成して、ログインまでしておくこと

リポジトリの作成

リポジトリ名を入力して、
他はそのままでOK!
上記のCreate repositoryボタンをクリック
この画面まできたら、ブラウザ(GitHub)での作業は終わりです。

ターミナルでの作業

cdコマンドで作業ディレクトリまで移動。

フォルダパスが分からない場合は、cd 入力後に作業フォルダをターミナル上にドラッグ&ドロップでパスが入ります。

 

ユーザー設定

gitの初期化

変更箇所をadd

add スペース .(ドット)のドットを忘れがちです。

変更箇所をcommit

コミットに成功するとlogが出力されます。

リモートリポジトリの登録

ブラウザ(GitHub)画面の最後に表示されているHTTPSのURLを使います。

変更点をpush

pushに成功するとlogが出力されます。

既存リポジトリの変更をcommit.pushする場合

上記の2行目から3行目のコマンドを叩けば変更をリモートに反映できます^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です